ブログ

私の流行語大賞『諦めない』3

2017私の流行語大賞は
『諦めない』


諦めない行動

『諦める』とは
とても見込みがない、
仕方がないと思い切ること。


~ピンチはチャンス~

今日は、コーチングスクールの卒業生の方が、
大学での学びを終えたご報告のため、
オフィスを訪ねてくださいました。

ランチをしながら、久々に色んなお話をお聴きしました。
彼女との会話の中で、感じたことは、
辛くてシンドイ時、
自分が何に挑戦し、どう行動するかが
非常に重要だということです。

『ピンチはチャンス』
この言葉は私も度々触れてまいりましたが、
窮地に立たされても、何か行動を起こし、
挑戦する人のためにある言葉だと思います。
「ピンチはチャンスなのだから、必ずこのあとチャンスが巡ってくる」
これはちょっと省略し過ぎ。
諦めずに、何らかの行動を起こし、継続していくことで、
初めてチャンスは巡ってくるのだと、
私は自分の経験と重ね合わせて、そう思いました。

ピンチで苦しい最中、
『諦めずに』ひたむきに何かに取り組むことで、
予想もしなかった高いレベルでの折り返しが待っている。
『ピンチはチャンス』の言葉を残した
松下幸之助氏は、そう言っています。



~浮き沈みのリズムを知る~

先ほど、Points of Youのカードを1枚引いてみました。
『Rhythm』


私は思うのですよ。
ピンチでシンドイ時は、自分のことしか見えない。
横断歩道に引かれた等間隔の線は、
まるで自分の『わがまま』や『エゴ』や『あるべきとの思い込み』。

そればかり見ていると、下を向いて歩いていることになります。
なぜこうなったのか?と
その原因を人のせいにしたり、自己否定したり。
そこで、ふと顔を上げると、そこには信号機や周りの行き交う人々が目に入ります。
顔を上げ、前を向き、何か行動を起こすことで、
『視野が広がる』

苦しいな・・・
ピンチだな・・・

そう感じた時は、
絶対諦めない!!
何か行動を起こしてみる!!
そしてそれを継続してみる!!

人生浮き沈みはありますが、
このリズムを身につけておくと、
高い折り返しが待っていますよ~~

私の流行語大賞『諦めない』2

2017私の流行語大賞は
『諦めない』


諦めないコミュニケーション

『諦める』とは
とても見込みがない、
仕方がないと思い切ること。



前回、大学院での学びで得た
『諦めない』マインドを綴ったわけですが、
実は2017年全体が『諦めちゃダメだ』と感じまくった年でした。

特に、

コミュニケーション



よく私が耳にするのが、

「あの人に何言っても通じないから、もう言わない。」
「私って、的外れなこと言って相手を怒らせちゃうから、言わないことにしている。」
「何度言っても(相手が)言うことを聞かない。こうなるともう仕方がない。」


あるあるですね。
捨てゼリフのように、言っている人をよく見かけます。
本人にしてみたら、シンドイことだなあと思うわけです。

こちらも、
諦めないで~~!!!

と声を大にして言いたい。

そもそも、例に挙げた3つは、
よく考えたら当たり前のことだと私は思うのです。


自分と相手の持っている物差しはそもそも違うので・・・
自分の尺度だけでぶつかって行っても、

通じない
怒らせる
言うことを聞かない

でストレスを感じたりします。
以前の私がそうでした。

先輩や上司に対して、
部下や後輩に対して、

本当の意味でのコミュニケーションをとってきたのか?
反省することばかりですし、
以前の私を知っている人は、
このような仕事にキャリアチェンジした私を
あまりよく思っていないだろうと推察するのです。


そもそもコミュニケーションとは、

社会生活を営む人間の間で行われる
知覚・感情・思考の伝達。


双方向で成り立つものなんですよね。

ですから、
コミュニケーションをどうしたら諦めずに済むか?
といったら、

聴けばいい!!!


聴いていくと、相手のことがよくわかります。
わかった上で伝えたいことを丁寧に言うと、
案外入っていくものです。


諦めないコミュニケーションから生まれるのは、

信頼関係ではなかろうか・・・
と強く感じた1年でした。



今年の仕事が全部終わったわけではないけれど、
時間を作って温泉へ。
休養できない・・・と諦めなかった!
温泉サイコー(笑)


私の流行語大賞『諦めない』1

2017私の流行語大賞は
『諦めない』


諦めないことはアキラメルこと?!

『諦める』とは
とても見込みがない、
仕方がないと思い切ること。


久々のブログ更新です。
私は現在、グロービズ経営大学院でMBAを目指し
若い人たちの中で勉強をしております。
ここで、学んだことは
本当に深く、深く・・・
自分の思考の癖どころか、
行動の癖、学習の癖までひしひしと体感している次第です。
やっと3ヶ月間の1科目を終え、
なんとか走りきれた実感を得ています。


普段、皆さんは『諦める』という言葉を使っていますか?
私は、この4年、全く使ったことなどありませんでした。
むしろ、諦めずに頑張ってきました。
しかし、今回、改めて超多忙な仕事をしながら
過酷な状況の中での学びを通して、

簡単に諦めているし~~~

という自分を発見してしまいました。
そうです。諦めずにしてきた『つもり』でした。
これを気づけただけでも、だいぶ救われた!と思います。


一つの事象に対して探求する、洞察することは
非常に重要なことなのは重々承知。
むしろ、深める議論は大好きだし得意。
ある意味その辺は自信を持っていました。

ところが・・・
課題に取り組む上で、重要そうなところは、
それなりにアンテナに引っかかっているにも関わらず、
後で振り返ると、簡単に手放しているのです。
悔しいかな、自分の思考を手放しているのです。

大学院の授業の中で、
課題についての解説を先生がしているほとんどのところに、
マーカーが引かれていたり、たくさん
戦いの形跡

が見られているのです。


戦ったら戦いっぱなし。


「あ、そこ、私も思ったんですよね~」

なんて言えません。
手放している人が何を言っても始まらないのです。

手放しているところの特徴は、
・苦手意識
・量的な満足感
・リアルに自分の置かれているポジション


これらが私のブロックとなっておりました。
恐らく、この3つが今後私が越えるべき
『壁』
となっていくのだと思います。


同じ言い方ですが、
『明らめる』
という言葉があります。

事情・理由をはっきり見定めること。

はっきり見定めるためには、何を基準にするか?
が重要です。

何事も目的・目標があります。
小学生のとき、よく黒板に

『今日のめあて』などと書かれていたことを思い出します。

取り組むべき事柄や、考えるべきポイントを
常に押さえていくこと。
日常の仕事、学校、家庭などで起こることのすべてに通じると思います。

諦めないことは明らめること。
諦めない「つもり」でいやしないか?
他には?他には?具体的には?
と自分の脳みそに問いかけ続けることで、
脳に筋力がつく!
そう確信を得たのでした。

スピリチュアルじゃないし・・・

本文はお知らせの後です。


<お知らせ>
********************
《銀座コーチングスクール駿河静岡校
コーチング無料体験講座》
詳細はこちら

http://www.ginza-coach.com/school/area04/shizuoka.html#taiken
********************

********************
《Points of You(R)体験会&国際資格取得講座》
エバンジェリスト養成講座(初級)6時間:国際コーチ連盟継続学習ポイント6ポイント付与
トレーナー養成講座(中級)16時間:国際コーチ連盟継続学習ポイント16ポイント付与
毎月受講者希望日に開催(平日可、時間調整可、個別対応可)
会場:静岡地区・三島地区・県外も承ります。
教える人:かざまなほこ(マスタートレーナー)
お申込み、お問い合わせ:kazahana1225@yahoo.co.jp
********************


昨年、私は色々なことが重なって、かなり苦しい1年を過ごしました。
私が辛いなあと感じた事柄に関係する人達への感情は、
当時、正直いってあまり良いものではありませんでした。

でした・・・ね(笑)

身の置き所がないほど、苦しく、辛く、
私の味方など誰もいないのでは?
と本気で思っていたのを覚えています。

そんな身の置き所がないほど、苦しかったのですが、
ちゃんと今、元気にしてます。

当時、何をするにも四六時中辛かったので、
体を動かしたり、何かに絶え間なく取り組んだりしていました。

<私が取り組んだこと>
・読書(1週間で10冊以上の時もあり)ざっと30冊!!
・座禅
・お墓の掃除(月1回)
・朝の床掃除とトイレ掃除
・祈りの時間(1日1時間)
などなど・・・

それをかなり継続しましたし、
お墓掃除と、朝の床&トイレ掃除はまだ継続中です。


周りの人はよくこう言います。


『やっぱり、そういうことをしていると、
ビジネス成功するって、ホントなんだね~~』


はい。
本当です。
もちろん、神仏やご先祖などに守られたという
感覚も無きにしも非ず。

でも、私は、
スピリチュアルじゃない!!

と思っています。


真夏の炎天下でも、
真冬、指先の感覚が無くなるほどの寒さでも、
お墓の掃除をしました。
毎月欠かさずです。。。

当時は藁をもつかむ思いでしたが、
決めたことを、愚直にコツコツ実践する力と、
忍耐が身に付き、
その行動がそのまま仕事に反映されました。

その結果、収入が前年比の10倍。



寝不足になるまで読み漁った本。
それらは、現在の研修のお仕事に全て反映されて

その結果、新しい仕事がポンポン決まる。


自分と向き合うためにはじめた座禅。
これは、自分の感覚が研ぎ澄まされていくのを感じたのと同時に、
人の気持ちもよくわかるようになりました。

その結果、『愛の人だ』と呼ばれるようになった。


元々、愛は持っていたのかもしれないけど、
その表現の仕方がわからなかったし、
人の気持ちのヒダを読み取ることが苦手だったのだと思うのです。

私は、決してスピリチュアルじゃないと
感じた時、
はじめて、自分を承認しました。

これ、『自己承認』といいます。


自己基盤確立のために必要な要素のひとつです。

1.自己理解 2.自己承認 3.自己開示

自己承認って言葉はカンタンですが、なかなか難しいのです。


自分を理解するツールは世の中に溢れています。
スト〇ングス〇ァインダー
〇〇占い
〇〇心理学
〇〇性格診断
などなど・・・・


『やっぱりね~~』
『私〇〇だから、しょうがないよね~~』
『あの人って〇〇だから、やっぱりそう出るのよ』
『自分はこんな性質で、あの人はこんな性質で・・・』


挙句の果て、誰かのことを分析したがる・・・
この自己理解の仕方、私にとっては違和感しかないのですわ。



これらは『自己分析』ではないかと思うのです。
この分析は、更に前進するための原動力になるもので、
言い訳にするものではないわけですよ。


とても辛かった時のことを思い出して、
その時、自分の強み弱みはどうだったか?
どんな思考だったか?
その時の自分を見つめしっかり理解すること。
そして、それを乗り越えたことや、
そこから這い上がり、
実績として数字を叩き出したのは、
神仏、霊魂のおかげではなく、


自分の力だ!!
よく頑張った!!



と高らかに宣言すること。
苦い経験から何を学んだのか?を明確にすること。


もちろん、いつもお墓の皆様には、
尊敬の念をもって、私の命のルーツとして、
感謝申し上げています。


私、自分の経験から、
スピリチュアルを意識しているうちは、
真の自己承認力は伴わないのではないかという
結論に達した次第です。


自己基盤の確立は
行動と実績(数字)に比例すると
考えています。




守破離の循環

守破離の考え方。。。
これまでの私の人生を振り返ると、
『守』を大切にしてきたからこそ、
今があるのだと思っています。

看護師として入職したのが
平成4年。
学校で勉強したこと、実習で指導して頂いたこと、現場の先輩に教わった業務手順などなど…
しっかり守って仕事をしてきました。

看護はただの業務屋さんではなく、人の命と共にある仕事。ある意味、哲学的な考え方が求められました。
看護をしていく上でのマインドのようなもので、メジャーなところではナイチンゲール看護論など、よく勉強しました。


知識、技術、態度


この3つについて
ずっと『守って』仕事をしてきましたが、
だんだん臨機応変に対応出来るようになってきます。
順番を変えてもより良い看護が提供出来るようになるのです。

中間管理職になると、
今までの経験や原理原則を踏まえて、今までになかった新しいことを考え、実行に移す業務改善や教育のカタチをというものを実践します。

これが『破』に当たりますね。

やがて私は、
自分の経験や学んだことを組織内だけではなく、
多くの人々に提供したい!と、
独立をします。

これが『離』に当たりますね。

独立をした後も、
自分のスキルアップのために
学びは継続するのですが、
ここでも
守破離を循環させながら
前に進んできたと感じています。


守破離を重んじる自由人

自由にやりたいことをやり、
なりたい自分になること

とても伸びやかで大好きな表現です!

そもそも自由って…
何をもって自由なのか?

守破離という言葉をご存知の方も多いと思います。

守破離とは
日本の武道、茶道、芸術における師弟関係のあり方のひとつ。


まずは教わった型を「守る」。
その後、その型を自分の経験や考えと照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。
最終的には教わった事、そして自分自身が造り出した型に立脚した個人としての『私』は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自由自在になることができる。(一部Wikipedia引用)


『守破離』の考え方があってこそ、

『自由』があるのではないか?
と私は感じます。

愛に達する

今日、私の担当する専門学校の授業が終了しました。

再就職支援のための学校なので、年齢層も広く、個人のキャリアも様々。そんな中で、生徒さん達は仲間意識、共に支え合い、助け合って学んでいらっしゃいました。


ん~~何だか、寂しい。。。


全く畑の違う
『就職支援』の担当。


生徒さん達がどんな風に着地するのが一番良いのか?
授業が終了するときのイメージと、学校側の教育目的をリンクさせて4ヶ月のプログラムを組んで行きました。


最後のご感想では、

『ハローワークでやったセミナーの拡大版でしかも深い内容だった。』

『とても面白かった!』

『全く書けなかった職務経歴書が書けるようになった!』

など、確実に手応えを感じてくださっていて、私のゴールイメージをはるかに超える反応でした。

このとき、普段なら嬉しい~~!
と感じるのですが、
今日は少し違いました。


1人1人の成長を感じて、
力強く歩んでいる!
自分のやりたい仕事が明確になって本当に良かった!!
と心から思えたのです。


『その人が本当にやりたいことができるようになる』


それを見届けているだけで、
幸せを感じます。


愛に達した瞬間かもしれません。



理想の状態、
佳きことのイメージ。
これは大事!
本当にそのようになります!



あなたが向かう将来の姿に
私も寄り添います!




オフィスに表札がついた(笑)
もう後には引けないなぁ~~

私を幸せな気分にさせたもの

今月より、静岡シェアオフィスLINKのラウンジ会員として、
シェアブースをお借りしてまいりましたが、11月より個室への入居を致しました。



LINK受付スタッフの皆さんは、私が会議室を借りる頻度をよくご存知で、個室入居について以前から薦めてくださっていました。



経費が。。。
ねぇ~~(笑)


受付スタッフのSさんとKさん♡


入居を決めてすぐ鍵を渡してくださったおかげで、3日後、中古のオフィス家具を搬入。

しかも雨の日!
ホワイトボード、机など。。。

激しい雨の中、なんと、Kさんが一緒に手伝ってくれたんです。
ビルのメンテナンスに来ていた業者さんにも声をかけてくれて、重たいものを運んでくださいました。


中古オフィス家具倉庫のおばちゃんは、ロッカクを持ち合わせていなかった私に、
『お祝いにあげるよ!』と、
ロッカク貰っちゃったし(笑)


準備期間たった4日を経て、
11月1日コーチングスクール平日クラスを無事自分のオフィスで開催できたのは、彼女達のおかげです。



お客様へのサービスって、

お客様が困っていたら対応するって、


当たり前のことかもしれませんが、
私は今回、彼女達の


真心を


感じました。


私を幸せな気分にしたその真心に、



『仕事を超えた価値』



を感じました。



私の尊敬する先輩は、

『何事にも、どこに価値を置くか?ひと呼吸おいてよく考えてごらん』


と、私によく言いました。


お客様のニーズに対応するのに精一杯で、何でもリアルタイムで対応しようと焦ることもありますが、


ひと呼吸おいて、
私がお客様に対して貢献できることを、


真心で


対応していきたいと思いました。



そう。。。
私はいつでも、
あなたと共にありたいと
思っています。

ニーズに対応する

今年の6月から、ご依頼があった全ての方々のニーズに対応するスタンスで仕事をしてきました。


私にとって仕事とは『仕える事』


来た仕事は断らない。
できること全てにお役に立ちたいという気持ち。


そうすると、不思議な事に信頼する方々が、自分を救ってくれる現象が起こります。体調まで良くなる。


経費がかかり過ぎて今月は苦しい。。。とピンチの時に限って、まとまった収入があったり、

なかなか仕事が入らず、この後どうしよう。。。と考えていると、仕事の質向上に対してフィードバックを頂いたり、

プライベートでもふと悩み、悲しいなぁ。。。と感じていると、前向きな友からの相談が舞い込む。

収益に留まらず、今後の自分のあり方やスタンス、質の向上に至るまで、私にとって大きな財産となっています。


私の周りの人たちは、みんなファミリー!!
みんなに感謝!!
お客様に感謝!!

*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
 
ビジネスで成功する一番の方法は、
人からいくら取れるかを
いつも考えるのではなく、
人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである。

デール カーネギー

周りが何を求めているか?

私は銀座コーチングスクール駿河静岡校の代表です。
先日、
「かざまコーチって、プロフィールがちょっと残念。。。」とご指摘を受けました。
実はこれ、2回目。。。


うん。。。
そう。。。
ペラッペラの作りかけ。。。


仰る通りです。
プロフィールを更新することの優先度が低かったのです。
なぜだったんだろう?


今まで更新した時はどんな時だったのか?
確かアクセスランキングに入ったこともあったけど、何があったから?
彼女が私を素敵と感じるのは、どんなところなのか?


以前、お笑いタレントの大久保佳代子さんが、雑誌の取材に、
『周りが自分に何を求めているか?周りの意見を取り入れている。』と答えていました。


なりたい自分
あるがままの自分


という言葉が独り歩きしているけど、周りが何を求めているかを知る事で、また違う視点が得られ、可能性が広がるかもしれませんね。


私はこれまでの人生におけるトピックをプロフィールとして開示してみました。
あなたの目に届きますように♡


GCSコーチ検索ページ
http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1306KB0722

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*
Points of You® TheBook P93

自分らしいとは、それに含まれる危険を顧みずに、私の内面を最大限に表すことを意味する。

~エフラット・シャーニ~
*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*