2019年9月

No.161 自己肯定感=自信の誤解

9月28日
銀座コーチングスクールコーチカンファレンス2019
が東京ビッグサイトで開催されました。




私は駿河静岡校代表として、
グループ活動のファシリテーションを担当しました。

テーマは
闇の自己管理

コーチの集まりなので
自分のポジティブな側面も
ネガティブな側面も
自己理解しておくことについて
積極的に取り組んで頂きました。

ここでのメッセージは、
ネガティブな側面を消し去るのではなく、
ネガティブを理解し、
その管理方法を知っておくこと


で自己基盤の醸成が促進されるということを投げかけました。

自己肯定感の逆。
否定的な自分の側面にフォーカスしたことになります。



…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

人はなぜ自己肯定感を得ようとするのか?

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

自分の弱みや苦手、隠したいところを

コンプレックス

とよく言います。


子供の頃の私は

場面緘黙
(ばめんかんもく)

な子供でした。

場面緘黙とは
家などではごく普通に話すことができるのに、例えば幼稚園や保育園、学校のような「特定の状況」では、1か月以上声を出して話すことができないことが続く状態をいいます。 典型的には、「家ではおしゃべりで、家族とのコミュニケーションは全く問題ないのに、家族以外や学校で全く話せないことが続く」状態です。



保育園では周りと話せず、
昼食の時間は
みんな食べているのに、
私だけ箸が止まって
固まっていました。
友達が食べ終わり、
外に遊びに出て行ったあと、
やっと食べ始めます。
なんとなく覚えていますが、
先生が付き添いながら、
ゆっくり食べることを
支えてくださいました。

今考えるに、
ご飯を食べることを周りに見せることが、
自分をさらけ出しているように感じていたのかもしれません。

自分をさらけ出すのは
子供の私にとって

コンプレックス

でした。
知られたくなかったし、
嫌だった。
すぐに熱を出し、
ひと月継続して登園したことは
1回もありませんでした。

暗黒の幼児期を経て
小学生になるのですが、
病弱さは変わりませんでした。

しかし、ある日、
そんな自分を消し去りたくて
一生懸命、運動に打ち込んだ時期がありました。
リレーの選手に選ばれたり
駅伝の選抜に入れたり

私にはどんどん自信がついていきました。


私がこれまで出会ってきた人々も、
コンプレックスを克服して
自信を得ようと、
色々なことに挑戦し、
そして自信をつけていきました。

人が自己肯定感を得ようとする理由は、
コンプレックスを克服して、

自信をつけたいから

だと私は思います。


…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

自己肯定感=自信の誤解

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

『自分は自己肯定感が低いんです。
○○なところとか、すぐ~~になってしまう・・・
ダメな自分なんです。』

と私の元を訪れる人はよく仰います。

私は、それで良いと思います。
というか・・・
そう言えているから

OK

なんです。
よ~く自分を理解していらっしゃる!!
そして、私に自己開示してくださっています。

これをコミュニケーションの中で
繰り返すことによって
どんどん進んでいくことがあります。

それは、

自己承認

です。


ポジティブもネガティブも
自分で自分を認めているのです。

OK

出しているんです。


この状態は、

自分に肯定的な思いを持っている状態

と言えると思います。


自己肯定感のバロメーターは
自信ではなく、
自分にOKをどのくらい出しているか

自己承認

にかかってきます。




…*…*…*…*…*…*…*…*

自信は他者の目
承認は自己の目

…*…*…*…*…*…*…*…*

自信をつけたいと
様々な挑戦をする人と多く出会ってきました。
その人たちは、
自分だけでやろうとはせず、
私の長期的な支援を求めてきました。

誰かに開示することをしないと、

挑戦が暴走してしまいます。
コンプレックスを消し去ろう、蓋をしようと躍起になります。

これは非常に勿体ないことです。

挑戦すること自体が目的ではなく、
挑戦を通して、コーチに開示することで

自己承認が進み、
人間としての厚み、すなわち自己基盤が醸成されていくことが目的なのです。




自信があるかないか、
私自身、そういえばあまり考えたことがありません。

基本、
自信ナイです(笑)



コーチングスクールで教え始めた頃は

あ~~始まっちゃった~~
どーしよーどーしよー


ばかり考えていました。

今も時間が押すと、
困ったな~
と焦ったりします。

しかし、人は私のことを

堂々としている
動じない
自信に溢れている


と仰います。

自信のあるなしは
他者からの目

ではないでしょうか・・・


他者の目は気にせず、

全てにOKを出せる


自己の目


を大切にしていきたいものです。



ペッパーくんに「ガン見」され(笑)、思わずお話を聴いてしまいました。


No.160 グループダイナミクスの秘訣

最近は、遠く離れていても
オンラインで会議やミーティングが出来ます。

とても便利になりました。

Face to Faceではないから
少し緊張もしますが、
ラポールは、
みんなで築くものだと
痛感しています。


…*…*…*…*…*…*…*…*

参加者の
メンバーシップ

…*…*…*…*…*…*…*…*

今日は、お仕事で
会議のオブザーバーに入りました。

会議にありがちな

『横道に逸れる』

なるべくシンプルに
論点がズレず
時間通りに進めたいものです。

が…

今日は参加者全員の
会議そのものに協力しようとする
姿勢を感じ取ることが出来ました。

時間が押した時、
自分の持ち時間が減らされても、
感情的にならず、
冷静に、
次回までに何をするのか、
提案が出るなど、

非常に全体のまとまりを感じました。
長々と話してしまう人も
安心だからこそ
話せるのだと思います。

進行のスキルも大切かもしれませんが、
みんなが

『会議の時間を有意義にしよう!』

という
メンバーとしての
役割を遂行していたのだと思いました!

とても暖かな時間でした。


…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

ラポールは与え合うもの

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

コーチングを教えていると、
クライアントとのラポール構築が大切だとよく申し上げています。

相手に心を開いて貰うために
アイスブレイクをしたり
自己開示したり

コーチはセッション運営に
とても気を配ります。



今日、2本目のミーティングでは、

参加者のみんなが
進行役にペースを委ねていたように
私には見えました。

ミーティングの進行なんて、
そうそうできる役割ではありません。
初めから上手くできる人は
そういないでしょう。

今日は全員

コーチングを学び、
実践している人達。

進行役のペースに
身を委ね、
投げかけに反応している
様子には

暖かさが溢れていました。

これこそがラポールの形。

架け橋

信頼

が完成されていたように
感じました。



…*…*…*…*…*…*…*…*

グループダイナミクスの
秘訣とは!!

…*…*…*…*…*…*…*…*

今日、私が目にした
2つのグループから
伝わったことは

『暖かさ』

でした。

共通して言えることは、

………………………………
1人をみんなが支える姿
………………………………

司会やファシリテーターは、
会の進め方に気を遣いますが、
それ以上に、
メンバーがどう
司会やファシリテーターを
支えるかが、

グループダイナミクスを最大に発揮する秘訣だと

教えられた気がします。



リードしているようで、
支えられているんだわ。。。


No.159 Think different

今日、2週間に1度の英会話レッスンでした。

いつも私の教材は、
Points of You のツールのひとつ、
Facesに付属されているBook。

これを使うと
読む・書く・質問する・答える・考える
これらが全てできます。

今回は予習の段階から
とても内容の濃い学習になりました。



…*…*…*…*…*…*…*…*

異端児
The misfit
The rebels
The troublemakers

…*…*…*…*…*…*…*…*


私は子供の頃から
おかしいな・・・と思ったことは
はっきり口に出していました。
時には潮がサーーーっと(笑)
引いていくような雰囲気を何度も味わいましたし、
相手を激しく怒らせたこともありました。

どうしてこうなっちゃうのかな・・・
と苦しんだこともありましたが、
自分の考え方は貫いていたと思います。

今考えると私は、

異端児

だったかもしれませんが・・・

周りの友達、先生、上司、大人たちの多くは、
そんな私を理解するため
色々関わりを持ってくれました。


…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

「今、それ言う???」
The round pegs in the square holes
~四角い穴の丸杭~

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

大人になっても、
おかしいと思ったことは、
問題提起として声を出しています。
周りからしたら
「今、それ言う?」
と思われるかもしれないけれど、
私にとっては
かなり

タイムリー

なのです。

そんな私だからか?

仕事で出会う人たちの中には、
私に対して、物事をはっきり仰る方々が
少なくない割合でいらっしゃいます。
その内容は、
場合によって、人によっては
発言を控えるような内容です。

いつも、はっきりしたご意見を伺うと、
とても清々しい気持ちになります。
それは、その人にとって
大切な視点だから。


そして、
私が周りから理解を示して頂いたように、
私も、貴重な視点を自分に取り入れようとしてきました。



…*…*…*…*…*…*…*…*

個人レベルから
  社会貢献へ

…*…*…*…*…*…*…*…*

今日、私が学んだ内容は
1997年にAppleが掲げた
キャッチコピーです。

英語の先生が、
スティーブ・ジョブズが自ら語る
音声動画を見つけてくれて
私に聞かせてくださいました。

もう、思わず、
泣けて、泣けて、
仕方がありませんでした。

常識に捉われない
普通に捉われない
慣習に捉われない

パターンを壊すことを積極的に行い、
みんなが喜ぶことを実現する
そんな社会を創りたい!!

そんな眠っていた私の決意
が奮い立つ感覚に溢れました。




最後に綴られていたのは、

Because the people who are crazy enough to think
they can change the world,
are the ones who do.


自分が世界を変えられると本気で信じている人たちこそが、
本当に世界を変えられるのだから

No.158 Open heartはパーンって感じだって!

本日、静岡の私のオフィスで
コーチングのツールである
Points of Youの
エバンジェリスト養成講座を開催しました。

この講座を受講されたKさんが、
受講決意に至る過程で
とても貴重な体験をされ、本日を迎えました。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*

ロールモデルとの出会い

…*…*…*…*…*…*…*…*…*

事前にPoints of Youのワークショップに参加されていた彼女。
5人の参加者たちと共にペアワークに臨みました。

参加者のひとり、A子さんは
コーチングを学び続け、
生活の中でも実践されています。

私も頭がさがるほど、
よく勉強し、努力をされています。

KさんがA子さんとペアを組み、
会話を始めた瞬間、

心の窓が
『パーンって開いた感じ』
がしたそうです。

Kさんはこの経験から、
A子さんのように
コーチングを極めようと決めたそうです。
ロールモデルと出会ったのです。



…*…*…*…*…*…*…*…*…*

真のラポール

…*…*…*…*…*…*…*…*…*

人が本音を話し、
物事の本質について表明することを、

私たちコーチや人材育成に携わる人々は
サポートしたいと願っています。


強固なラポールはどうすれば築けるのでしょうか?


A子さんは
マネジメントのお仕事をされています。
コーチングを学び続け、
実践を繰り返し、
うまくいかない時も、自分を振り返りながら、
改善のサイクルに取り組み続けています。

本気で学び続けてもう1年以上が経ちます。

A子さんの他の人と違うところは、

一貫して
実践を続けていること


です。

この一貫した実践があったからこそ、
人としての厚みや豊かさが醸成され
相手の心を

パーン 

と開くことができたと思います。
しかも自然に・・・

真のラポールが築ける人だと確信しています。


…*…*…*…*…*…*…*…*…*

Open heartのステップ

…*…*…*…*…*…*…*…*…*

Open heartは、
返報性の原理で、
まずは自己開示することが必要とされています。

しかし、これは

第一ステップ

だと思います。


人間としての厚みや豊かさが醸し出されて初めて
相手は

パーンってOpen heartできる

のだと
このKさんの体験を通して
学ばせて頂きました。



ん?講座の内容ですか???
そりゃ楽しかったに決まってるじゃん(笑)




No.157 「わかりました」は閉店ガラガラ

先日、銀座コーチングスクール駿河静岡校では
クラスCセッション戦略編を開講していました。

このあたりから
『コーチ認定試験』についての紹介を
受講生の皆さんにお話するのですが、
ふと、自分が受験した時のことを
思い出しました。。。

私が試験中やってしまったのは、
「わかりました」を連発したことでした。


…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

『わかりました』は閉店ガラガラ

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


皆さんは、
普段のコミュニケーションで、
相手が何かを発した後、
どんなフレーズで返していますか?

例えば、
「今度のミーティングではこの先の課題についてみんなの意見を聞きたいと思います」
と相手が言ったとします。


以前の私は

「わかりました。」

と返していました。
これは口癖でした。


コミュニケーションはよく
キャッチボールに例えられますが、
『わかりました』
はその時点でキャッチボールが終了してしまいます。


コミュニケーションはキャッチボールを継続させ、

シナジー効果

をもたらすのが目的なので、

「わかりました」は
閉店ガラガラなのです(笑)




…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

『わかりました』はどんな言葉に変換できるのか?

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


相手の言葉を尊重し、
更に話したくなるように促すには、

「みんなの意見を聞くんですね」
「課題についてだね」
「なるほど」

などの
『認めるフレーズ』
に変換したり、

「というと、具体的には?」
「それで?」

などの
『聴く(接続詞)』
に変換したりします。

このように優しくボールを投げ返すことで
相手は更に話を続け、
具体的な内容も話してくれて、
ビジョンを共有できるのです。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

『わかりました』はYesマン

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

私が30代前半の頃、
病棟主任への昇進について
師長さんから

「今度の人事でかざまさんを主任に推薦したいのですが受けてくれますか?」
と言われました。

その時私は、

「そうですか。それは具体的に何が理由ですか?」
と聞き返したことがあります。


あの時のことはとても良く覚えています!
師長は私に厳しかった人でしたが、

どんだけ私に
惚れ込んでいるか
がよくわかりました(笑)


そして、
師長さんはこんな部署を目指しているんだな
と共感もできました。



トップダウンの情報でも、
「わかりました」
と言うと、
Yes!I do!!
で終わってしまいます。

優しいボールのやり取りをしてみると、
相手のビジョンを共有する
副産物も得られるはずです。


…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

私は『わかりました』をどう変換しているか?

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

2013年のコーチ認定試験で
「わかりました」を連発した私に
試験官の先生は、こう言いました。

…………………………………………..

かざまさん、
「わかりました」を何度も使うと、
相手はわからせようとして説明するようになります。
本音や本質的なことを話さなくなるので、
注意しましょう。

…………………………………………..


これは試験以上の学びでした。

それからというもの・・・・

「ありがとうございます」
「~~なのですね」


を積極的に使うようになりました。


「ありがとう」は存在承認の言葉。
今は自然に、
心から「ありがとう」と言えるようになりました。

いつでも心のシャッターは開けっぴろげで
ありたいと思います。