2016年10月

Pay it Fowardは究極の感謝

先日、フォローアップしている方、2名が初めてPoints of Youコーチングゲームのワークショップを開催しました。


企画の段階から関わり、プログラム案、Skypeでのミーティングと、何度も遅くまで語り合い、時間を共有しました。


私も初めての時があって、今があるんだな~~と再確認。



Pay it Fowardは
『恩を送る』という意味。
『恩』とは『めぐみ(芽ぐみ)』とも言って、命を与えるとか成長を助けるといった意味があります。


私は命を与えられ、成長を助けられ、今、こうして
私が受けた恩恵をそのまま他の人に送っています。
その過程の中で、
共に分かち合うことの


幸福感、充実感


を味わいました。
あの終わった後のハイタッチは忘れない!!!


きっと伝える側は今の私のように、一生懸命関わってくれて、成功したときは、今の私のように、とっても嬉しかったんだ、と気付いたとき、


大きな感謝


を感じ、涙が溢れてしまいました



伝える側とフォロワーの信頼関係と分かち合う感覚。
これがあるかどうかで、


Pay it Fowardが問われるんだ!


と新たに気づきを得られた貴重な経験でした。




恩送りも大事だけど、恩返しも必要よね。。。
機織りでもするか!!(笑)ツルかっ!!



信頼~Turst~

不覚にも、スピードラーニングで感動して泣いてしまうとは。。。
涙腺が弱くなりました(笑)


彼女ができないというだけで元気を無くしているMikeが友達に相談するところからストーリーは始まります。
友達は『探しているうちは見つからないよ。探していないときに限って見つかるものだ』とMikeに言います。

まるで、集客に必死だった頃の私への言葉のようです(笑)


しばらくしてMikeは会社でLisaとベタな出会い方をします。
そして、ベタなデートをして、ベタなケンカをして。。。

このストーリーの中で、
Lisaが
『私はあなたを信頼しているのに、
あなたは私を信頼していないのね』
~I trust you,but you don’t trust me~

と言います。
そのあと、2人はケンカ別れしてしまいます。

うゎ~Lisaちゃん、それ言っちゃダメよ~~(≧∇≦)
と私は思うわけです(笑)


人は往々にして、
自分の大切な人には、自分と同じくらい思いを巡らせ、同じ基準で考え、同じように感じて欲しい。と思うもの。
つまり、
『私はあなたを信頼しているのに、どうして信頼してくれないの?』
ということ。


○○してくれない
○○してほしい


これは
『依存関係』です。

以前、私は自分のコーチから
『依存関係は対立と服従を生む』
と聞いたことがあります。

Lisaちゃんはこのセリフを口にしてしまったので、これまで築いてきた対等な関係が崩れてしまったんですね。

しかし!
Mikeは勇気を出し、
『ゴメンね電話』
をするんです!

その後2人は、
互いに認め合い、
名前を呼び合い、
相手の言った言葉を繰り返しながら、大切に暖かくコミュニケーションをとっていきます。

そして、MikeはLisaにプロポーズをします。
。。。もう
私がドキドキです(((o(*゚▽゚*)o)))
『Mike!がんばれ!!』

非常に落ち着いた口調で、
プロポーズ♡
LisaがOKして
メデタシメデタシ(^-^)/
車の運転中にもかかわらず、
涙が出てきてしまいました(≧∇≦)


全てベタ過ぎるストーリー。。。
私達の人間関係にも通じるかもしれません。


『対等な関係』と『依存の関係』
鍵を握るのは『信頼関係』ですね!



最後のMikeの言葉。

I’m the happiest man in the world!

テンション高っ!!(笑)
♡はいはい…末長くお幸せに♡




コミュニケーションを円滑にしたい方。コーチングスキルが有効ですよ。
MikeとLisaにも受講してほしい(笑)
まずは無料体験講座からどうぞ!!
http://www.ginza-coach.com/school/shizuoka.html#classes

ニーズに対応する

今年の6月から、ご依頼があった全ての方々のニーズに対応するスタンスで仕事をしてきました。


私にとって仕事とは『仕える事』


来た仕事は断らない。
できること全てにお役に立ちたいという気持ち。


そうすると、不思議な事に信頼する方々が、自分を救ってくれる現象が起こります。体調まで良くなる。


経費がかかり過ぎて今月は苦しい。。。とピンチの時に限って、まとまった収入があったり、

なかなか仕事が入らず、この後どうしよう。。。と考えていると、仕事の質向上に対してフィードバックを頂いたり、

プライベートでもふと悩み、悲しいなぁ。。。と感じていると、前向きな友からの相談が舞い込む。

収益に留まらず、今後の自分のあり方やスタンス、質の向上に至るまで、私にとって大きな財産となっています。


私の周りの人たちは、みんなファミリー!!
みんなに感謝!!
お客様に感謝!!

*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・*
 
ビジネスで成功する一番の方法は、
人からいくら取れるかを
いつも考えるのではなく、
人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることである。

デール カーネギー

人は育てられたように、人を育てる

銀座コーチングスクール駿河静岡校代表のかざまです。
直近のコーチング無料体験講座のご案内です(*’▽’)
残席あと2席です!

日時:2016年10月30日(日)10:30~12:00
会場:ホテルマッシモ三島カフェラウンジ


http://www.ginza-coach.com/school/shizuoka.html#classes

コーチング基本スキルの一部をご紹介。
実際のワークを通して、コーチングをする、受けるを体験して頂けます。
コーチングの学び方のガイダンスも行います。

どんな仕事でも、自分が育てられたように、人を育てようとします。
私も同じでした。そんな法則なんですよね。

確証のない育てられ方は、辛いものがあります。
でも、今までは、どうしてやって指導して良いか手探りだった。
怒っちゃダメとか、とにかく最初の3ヶ月は教え込んで!!とか(笑)
質問はしないようにとか(笑)

せっかく、2000年にコーチングが日本に入ってきてくれたのだから、
せっかく近くに学べるところがあるのだから、
スキルを手に入れないなんて勿体ない。

人材育成担当者が、今からコーチングを駆使して人材育成したら、
10年後、育成されたフォロワーはどんな姿になっているだろう?
『育てられたように、人を育てる』
そこには10年経っても変わらない、コーチングが生きていると思います。

今年の新卒者は『ドローン型』???
私も研修で取り上げたりもしましたが(育成者の役割を知ってもらう上で)
日本の将来を担う新卒者に対して、人に対して、モノに例えるのは、おかしいでしょ!!
もう、いい加減、『近頃の若者は・・・』とつぶやくのはやめて、自分自身に矢印向けてみるのも良いかもしれません。

リアクションの少ない若者に対して、
『リアクションが少なくて、何を考えているんだか・・・』という声がありますが、
若者は先輩、上司の鏡なんですよ。
先輩、上司のアクションなくして、どうしてリアクションが取れますか???

その我々指導者、管理者が身に付けるべき『アクション』について
銀座コーチングスクールでは学び、できるようにします。

少し、熱くなりましたが(笑)

自分の考えを明文化し言語化するのがあまり得意ではない、豊かな平成の世に生まれてきた大事な人材。
その中に眠る貴重な答えを引き出せるスキルとマインドをこの際、身につけてはいかがでしょうか(*^▽^*)/



ちなみに、私は『昭和な女子』(笑)ですが、
教わったように、心を込めて、丁寧にプログラムを組んで講座に臨んでいます(*^▽^*)



あ~~苦手だわ~~

『嫌いな人がいない』のが私の自慢でしたが、最近、

あ~~苦手(u_u)。。。

と思うことがちょこちょこあり、
それがめちゃめちゃ気になるようになりました。

その方はやたら明るく、
まるで
「私は元気に振舞っています!」って訴えているように見えてしまいます。ひとつのことに集中してしまう私を脇に、全く面白くない話題に高らかに笑ったり、解決が簡単なことに対して、『どうしましょう!どうしましょう!』と、
『私って忙しいのぉ~~(^-^)/』みたいな勢いで、1人で楽しんでいるかのような様子。。。


頼むから、静かにしてくれ~~
と叫びたいくらいです(笑)


それは周りも気になっていることだったりして…それを放置していると、ギクシャクした人間関係になってしまうものです。


もしかしたら
躁的自己防衛
かもしれません。



普段から状況を全く判断できず、自己決定ができない反面、自分をわかってほしい承認欲求がとっても高い。
ですからコミュニケーションも、自分を説明する内容が多く、情緒的な優しさとか、思いやりが伝わらないのです。普通の話も内容が薄く、面白くない。


あれ?
っと思ったら
早期発見、早期対処をお勧めします。


周りの人達は心理カウンセラーでも精神科医でもありません。
一般の私達ができること。
それは。。。



『認めるフレーズ』
を使うこと。




あなたのことを無視していないよ。
あなたはここに居ていいんだよ。
という姿勢を示すととってもうまくいきます(経験済み!!)

『どうしましょう!どうしましょう!』→
「どうしようって思っているんだね。」

『わ~~!とっても助かりますぅ~~!』(緊急性低いこと)→
「助かるんだね」


これを落ち着いたトーンで、
ゆっくり語りかけると、


相手は
はっ!と我に返り、
『そんなに大変なことではないので、私がやります。』と、とてもしっかりした口調になりました。


人は多かれ少なかれ『承認欲求』はあるもの。
認めるフレーズの素晴らしさを体感しました!


私はいつも
あなたの存在を感じていますよ♫
安心してくださいネ(^O^)



白うさぎ♫仕事中(笑)

Pay it Forwardはスマイルサービス

昨年11月。
Points of YouⓇの有資格者となって10か月が経ちました。

これまでに232名の方にPoints of YouⓇをお伝えしています。

9月末、磐田市倫理法人会様のセミナーに登壇し、昨日、鈴木会長様よりPay it Forwardについて述べられたお手紙を頂戴し、感銘を受けました。



『幸せのキャンドルサービスは与えても与えても炎は消えることはない。かざまさんのスマイルサービスは今この時間にも沢山の人たちを幸せにしていることだと思います。』



232名の方々にお伝えできたのは、私一人の力では到底成し得なかったこと。


力を与えてくださった方のおかげ。。。


その感謝は、もっとたくさんの人にスマイルサービスをお届けすることで表現されるのだと、このお手紙を読んで感じました。

なにを?より誰の?ですね~

久しぶりのご婦人より、
メールを頂きました。

会合のお誘いでしたが、
非常に残念。

『こんにちは!○○の連絡です。○月○日○時から、○○で行います。』



コレ、どこも端折っていません(笑)


もう50歳とっくに過ぎている、
人生の先輩ですよ!


残念。。。



会合に出る、出ないの予定を見る気にもなりませんでした。


大人なら、
『だいぶ涼しくなりましたが、お元気ですか?さて、○○のお誘いです。
○月○日○時より○○で開催されますので、ぜひお越しくださいね。
お仕事、如何ですか?どうぞお体ご自愛くださいね。近いうちにお顔を拝見したいです。』とか。
書きようがあると思うんです。



『何に参加するか?』
より、
『誰のお誘いか?』


ですね。


以前、ある先輩コーチに、
『なにを教わるか?』
より大事なのは、
『誰から教わるか?』
ですよ!!

と偉そうに言ったことがあります。
私はそのコーチに教わって良かった~と思いましたから。


今回はその逆!!
この人のお誘いは。。。
ん~~~考えてしまいます(笑)


気がかりなこと

先日のコーチングクラスの演習で、

『気がかりなこと』

をテーマに、受講生さん達と演習を行いました。

私がクライアント役になって、本気で喋ったのですが、実は。。。



気がかりなこと=大きな期待がある



ことがわかりました。
これを引き出してくれた受講生さんは素晴らしい!!
さらに別の受講生さんが、そんな私にフィードバック。

『かざまさんが、まるでお母さんのように、見守っているのが伝わりました』



期待とは、何を表すのか?
私は何を求めているのか?
支援できるとしたら何か?
どのタイミングで手を出すのか?



私は自分の対象者となる人たちの無限の可能性を信じて、答えが出るまでじっと待ち、優しく見守っていたい!!


。。。スッキリ。。。


それにしても、受講生さん、素晴らしいフィードバックです。
誰に教わったのかしら(笑)


いつでも、どこでも、何があっても…
必要な答えはあなたの中にある!と
私は信じます。
私はあなたの味方です♡



GCSコーチプロフィールはこちら
http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1306KB0722



*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*
Points of You? TheBook P125

献身とは、私たちが自分自身にもほかの人にも進んで忠実であろうとし、きわどいことを思い切って行い、必要な犠牲を払う用意ができている立場である。

~ヤーロン・ゴラン~
*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Points of You®トレーナー養成講座静岡2期

詳しくはこちら↓↓↓
https://www.facebook.com/events/646394982194325/?ti=icl


静岡県内で9ヶ月ぶりとなるPoints of You®トレーナー養成講座静岡2期が開催されます!

2016年11月19日(土)、27日(日)、12月3日(土)


Points of You®認定トレーナーは国際資格です。
Points of You®コーチングゲームは世界147ヶ国で、取り入れられ、18言語に翻訳されています。
世界では、コーチ、カウンセラー、セラピストはもちろん、子供から大人、お年寄りまで広く愛用されています。


詳しくはFacebookイベントをご参照ください。
https://www.facebook.com/events/646394982194325/?ti=icl

周りが何を求めているか?

私は銀座コーチングスクール駿河静岡校の代表です。
先日、
「かざまコーチって、プロフィールがちょっと残念。。。」とご指摘を受けました。
実はこれ、2回目。。。


うん。。。
そう。。。
ペラッペラの作りかけ。。。


仰る通りです。
プロフィールを更新することの優先度が低かったのです。
なぜだったんだろう?


今まで更新した時はどんな時だったのか?
確かアクセスランキングに入ったこともあったけど、何があったから?
彼女が私を素敵と感じるのは、どんなところなのか?


以前、お笑いタレントの大久保佳代子さんが、雑誌の取材に、
『周りが自分に何を求めているか?周りの意見を取り入れている。』と答えていました。


なりたい自分
あるがままの自分


という言葉が独り歩きしているけど、周りが何を求めているかを知る事で、また違う視点が得られ、可能性が広がるかもしれませんね。


私はこれまでの人生におけるトピックをプロフィールとして開示してみました。
あなたの目に届きますように♡


GCSコーチ検索ページ
http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1306KB0722

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*
Points of You® TheBook P93

自分らしいとは、それに含まれる危険を顧みずに、私の内面を最大限に表すことを意味する。

~エフラット・シャーニ~
*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*