『コーチングスキルで人と人をつなぐ組織づくりのエキスパート』
人材育成コンサルティングサービス、研修提供、コーチングサービスを基軸に、あなたの組織・チーム・グループのパフォーマンス向上をご支援致します。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

HOME


☆☆銀座コーチングスクール駿河静岡校開校3周年記念ゼミナール開催☆☆


*・゜゚・*:.。.ロジックとマジックでありたい姿を描こう!. .。.:*・゜゚・

2018年12月8日
中島屋グランドホテルにて
GCS駿河静岡校開校3周年記念ゼミナールを開催致しました。

【講師】
第一部
グロービス経営大学院クリティカルシンキング講師
井尻 淳 氏
『論理的思考で考える目標とプロセスの設定』

第二部
マインドマップR インストラクター
フリーライター
ホラノコウスケ氏
『脳をフル活用!2019年の目標をマインドマップで明確にしよう』

**コーチングで重要な目標にはどんな要素があるのか?**
目標と呼んでいるものには「階層」がある。
年の初めによく「今年の目標は?」という会話を耳にしますが、
この目標に対して、具体化と抽象化をすることによって、
階層が生まれることが理解できました。
具体化するとプロセス行動となり、抽象化していくと『志』や『ビジョン』になります。

何のために、この行動が必要なのか?
なぜ、その行動をしようと思ったのか?
と確認、点検していくことが必要で、それを助けるのが
まさに
『コーチング』
なのだと気づかされました。



**ビジョンを概念化するとどうなるのか?**
何のために、この行動が必要なのか?
なぜ、その行動をしようと思ったのか?
この思考を概念化(見える化)するために
マインドマップを描いてみました。
脳で巡らせた思考を一度見える化して俯瞰することは、
物事の関連性を知る良い機会となりました。

違う項目で考えているのに、
同じ言葉が何度も出てきたり、
考えた内容が別と繋がったり・・・
大切にしていることの確認や、
チャンクアップに繋がり、
まるで自分にコーチングセッションをしているかのようでした。

目標とプロセスの設定について、
左脳的なアプローチと
右脳的な表現を体験した今回のゼミナールでした。
まさにロジックとマジックでした!

一言で言うと、あっという間の4時間。
コーチングを学んだ人も、これからの人も、
一堂に会し、楽しくもアカデミックな時間を共有できました。

今後もGCS駿河静岡校では、
コーチングレギュラークラスをはじめ、
様々なアカデミックプログラムを企画運営してまいります。


+:;;;;:+銀座コーチングスクール駿河静岡校代表ご挨拶+:;;;;:+
銀座コーチングスクール(GCS)駿河静岡校代表のかざまなほこでございます。

この度は、GCS駿河静岡校3周年記念ゼミナールにお越しくださいまして、
誠にありがとうございました。
おかげさまで、2016年の開校から3年を迎えることができました。
これもひとえに、ご指導くださった諸先輩方、卒業生、受講生の方々、
コーチ仲間、皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
私とコーチングとの出会いは、2012年、当時勤務していた総合病院の組織研修でした。
学んだ内容を仕事の場面で活用したところ大きな変化を感じ、
その2ヶ月後にはGCSの門を叩きました。



【人は育てられたように、人を育てる】
『育成する人の“あり方”(Being)は、”やり方“(Doing)、より優先される。』

これは、15年前、臨床実習指導者研修の最終論文で私が県に提出した内容です。
育成者の『あり方』によって、育成された人が影響を受け、
のちに、同じように人の育成に携わっていく
「育成の連鎖」を作りたいと考えておりました。
コーチングの存在を知ったとき、

『人はコーチングによって育てられ、そしてコーチングで人を育てていく』

人の達成感や充実感に貢献していくはずだと確信を得ました。
まずはみんなにコーチングを知らせたい・・・
私は、自分が生まれたこの静岡の地に、コーチングスクールを作りたい!
と思うようになりました。
GCSのフォロー体制のもと、講師認定を取得し、
2016年4月、GCS駿河静岡校を開校致しました。
講座時間は930時間を超え、修了証番号は現在、154号まで達しております。



【ビジョンを語り、ミッションを遂行する】

コーチングをお伝えするために地方校を開校することは、
当時の私にとって大きなビジョンでした。
そのビジョンは毎回、毎回、自分のコーチに語ることで、
肉付けされていく感覚がありました。
大きなビジョン達成のために、小さな行動を設定し継続的に実践しました。
常にビジョンに立ち返り、行動を確立させていくプロセスを通して、
ひとつひとつの行動が私のミッションになっていきました。
この一事業を成功させていく挑戦は、プロフェッショナルとしての職業意識と、
自分の存在価値への意識を高めることにつながったと感じます。



【コーチングはコミュニケーションのスキル】

コミュニケーションの前提は、インタラクティブ(相互に作用し合う)であることを忘れてはならないと思います。
そのコミュニケーションに影響を与えるのが、『コーチング』です。
目標達成や課題解決を願う人々、または目標や課題発見を願う人々を支援し、
共に作用し合っていけるスキルと考えます。

卒業生、認定コーチのみなさん、是非、コーチングの質を高めてください。
受講生のみなさん、失敗を恐れずクラスの演習では学んだことをアウトプットしてください。
コーチングに関心をお持ちの方は、どうか、インタラクティブなコミュニケーションが展開される環境に身を置いてみてください。

そのために、私は、みなさんの『原点』となる環境を整え、
コーチとしての自己基盤を磨き、全力で応援致します。

今後も引き続き、皆様方のご指導、ご鞭撻、ご支援を頂きながら邁進してまいります。

皆様の自己実現と、ご健康、ご多幸をお祈りし、
3周年を迎えた感謝を込めてご挨拶とさせて頂きます。

             銀座コーチングスクール駿河静岡校 代表 かざまなほこ

セミナーオフィスBreezeとは

2014年1月に立ち上げた、コーチングを主要業務とした対人支援サービスを提供する、人材育成コンサルティングファームです。
顧客対象は、企業、病院、スポーツ団体などの組織・団体・グループ、および一個人。
事業内容は、人材育成コンサルティング、コーチング講師、講演、研修提供、パーソナルコーチング。

===============================
【Breezeの意味とありたい姿】
Breezeとはそよ風(微風)のこと。風は空気の流れのことを指します。
(無風状態は「凪」という)
古来、風という言葉は、目には見えないものを象徴するために使われてきました。
これらを踏まえ、
物事の方向性に向かって、空気の流れを作り続けること、そして風を送り、火を燃やし続けることが我々のMissionです。
それは台風のような存在感やカリスマ性は必要なく、かといって凪にもならない、
そよ風(微風)でありたい。そよ風は吹いているのかいないのか、外を歩いていてもそよ風の実態はわかりません。ただ、汗水流して一生懸命働いている時、体を動かした時、または調子が優れない時など、人は『風』の存在を感じとることができます。
目には見えない象徴としての『風』。時には風を忘れ、時には風を感じ、目的地に歩を進められる「そよ風」を送り続けるサービスを提供致します。そして更に、その「そよ風」を作り出す人材を育成・輩出し、仕事や役割への価値を高められる社会にしていくことが、セミナーオフィスBreezeのありたい姿なのです。


【Breezeのマインドセット】
*『大志』
信念を立て、それを言い続け、その本質について自分に問い続けることが、目的の上位概念、すなわち大志である。

*『実直さ』
何事にも誠実で正直であること。その軸はシンプルである。

*『成功の腹を決める』
成功を丹心から信じ、成功へ向かう覚悟を決める。(丹心とは、元々中国で心は下腹にあるとされており、燃えるような真心、偽りのないありのままの気持ちを指す)

*『やりたいことの位置付け』
「やりたいこと」が「やりやすい」ことになっていないか常に点検する。

*『経験の自己開示』
人はリソースで満たされた素晴らしい存在であることを前提に、自己開示を促進する。
Breeze3つの柱 その1 『教える』


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
教えることは、教えようとしないこと。
まず風通しを良くし、相手そのものを聴く。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

総合病院勤続22年、地域訪問看護での在宅医療・看取り・・・。
『命の現場』で、患者・家族・同僚・部下など関係する人々とのコミュニケーションを通して、相手の理解力を最大に引き出し、効果的に伝えるためには、まず「風通し」を良くして、教えるー教わる環境を整えることが重要です。
私の実体験を通し、アカデミックにコーチング・リーダーシップ・ファシリテーションをお伝えします。人の主体的行動を支えるのは一体何か?スキルと共にマインド(人間力)についても習得を目指します。

*実績*
株式会社Y社役職者Breezeコーチングトレーニング(20時間)
F総合病院コーチング研修 (毎年恒例)
株式会社Nヘルパー中堅者研修
銀座コーチングスクール講師登壇時間1000時間以上

Breeze3つの柱 その2 『セッション』


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
相手が1人でも複数人でも、
アウトプットの支援は惜しみなく行う。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

皆様の伴走者として、
あらゆる課題・問題の本質を共に考え、
主体的行動を支援し後押しします。
その前提は、
クライアントが存分に話すことが重要です。
人はアウトプットすることで、
自己理解や自己承認を高め、
目標ととるべき行動が明確になります。

実績:有料コーチングセッション850時間以上

Breeze3つの柱 その3『チームビルディング』


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
イスラエル発祥のコーチングツール
「Points of You」
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
開発者から国際基準のトレーニングを受けた「マスタートレーナー」によるワークショップは、思考の枠を広げ、あらゆる視点から様々な感情、思考、気づきが引き出されます。
自己理解、他者理解、チームビルディングと順序立てて安全に進み、常に全員に問いかけます。ペアワーク、グループワークを通じて、まるで1対1のコーチングを互いに提供し合っているような環境が作り出されます。それは個人から組織まで、大人から子供達までチームのメンバー同士の「つながり」を実感して頂けます。
*実績*
静岡県相撲連盟強さ発見研修
静岡市倫理法人会モーニングセミナー
株式会社Nヘルパー中堅者研修
株式会社Y社営業戦略会議他
グループコーチングワークショップ通算1000人達成

代表からのご挨拶

Points of you イメージ

Points of you イメージ