『あなたの行動を2倍にし、成果を4倍にする』静岡発コーチング!
コーチになりたい人、コーチングを受けたい人、
皆様に寄り添い、共に目標達成に向けて歩みを進めてまいります。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

私の流行語大賞『諦めない』1

2017年12月19日

2017私の流行語大賞は
『諦めない』


諦めないことはアキラメルこと?!

『諦める』とは
とても見込みがない、
仕方がないと思い切ること。


久々のブログ更新です。
私は現在、グロービズ経営大学院でMBAを目指し
若い人たちの中で勉強をしております。
ここで、学んだことは
本当に深く、深く・・・
自分の思考の癖どころか、
行動の癖、学習の癖までひしひしと体感している次第です。
やっと3ヶ月間の1科目を終え、
なんとか走りきれた実感を得ています。


普段、皆さんは『諦める』という言葉を使っていますか?
私は、この4年、全く使ったことなどありませんでした。
むしろ、諦めずに頑張ってきました。
しかし、今回、改めて超多忙な仕事をしながら
過酷な状況の中での学びを通して、

簡単に諦めているし~~~

という自分を発見してしまいました。
そうです。諦めずにしてきた『つもり』でした。
これを気づけただけでも、だいぶ救われた!と思います。


一つの事象に対して探求する、洞察することは
非常に重要なことなのは重々承知。
むしろ、深める議論は大好きだし得意。
ある意味その辺は自信を持っていました。

ところが・・・
課題に取り組む上で、重要そうなところは、
それなりにアンテナに引っかかっているにも関わらず、
後で振り返ると、簡単に手放しているのです。
悔しいかな、自分の思考を手放しているのです。

大学院の授業の中で、
課題についての解説を先生がしているほとんどのところに、
マーカーが引かれていたり、たくさん
戦いの形跡

が見られているのです。


戦ったら戦いっぱなし。


「あ、そこ、私も思ったんですよね~」

なんて言えません。
手放している人が何を言っても始まらないのです。

手放しているところの特徴は、
・苦手意識
・量的な満足感
・リアルに自分の置かれているポジション


これらが私のブロックとなっておりました。
恐らく、この3つが今後私が越えるべき
『壁』
となっていくのだと思います。


同じ言い方ですが、
『明らめる』
という言葉があります。

事情・理由をはっきり見定めること。

はっきり見定めるためには、何を基準にするか?
が重要です。

何事も目的・目標があります。
小学生のとき、よく黒板に

『今日のめあて』などと書かれていたことを思い出します。

取り組むべき事柄や、考えるべきポイントを
常に押さえていくこと。
日常の仕事、学校、家庭などで起こることのすべてに通じると思います。

諦めないことは明らめること。
諦めない「つもり」でいやしないか?
他には?他には?具体的には?
と自分の脳みそに問いかけ続けることで、
脳に筋力がつく!
そう確信を得たのでした。

 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments