『あなたの行動を2倍にし、成果を4倍にする』静岡発コーチング!
コーチになりたい人、コーチングを受けたい人、
皆様に寄り添い、共に目標達成に向けて歩みを進めてまいります。
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

人は育てられたように、人を育てる

2016年10月15日

銀座コーチングスクール駿河静岡校代表のかざまです。
直近のコーチング無料体験講座のご案内です(*’▽’)
残席あと2席です!

日時:2016年10月30日(日)10:30~12:00
会場:ホテルマッシモ三島カフェラウンジ


http://www.ginza-coach.com/school/shizuoka.html#classes

コーチング基本スキルの一部をご紹介。
実際のワークを通して、コーチングをする、受けるを体験して頂けます。
コーチングの学び方のガイダンスも行います。

どんな仕事でも、自分が育てられたように、人を育てようとします。
私も同じでした。そんな法則なんですよね。

確証のない育てられ方は、辛いものがあります。
でも、今までは、どうしてやって指導して良いか手探りだった。
怒っちゃダメとか、とにかく最初の3ヶ月は教え込んで!!とか(笑)
質問はしないようにとか(笑)

せっかく、2000年にコーチングが日本に入ってきてくれたのだから、
せっかく近くに学べるところがあるのだから、
スキルを手に入れないなんて勿体ない。

人材育成担当者が、今からコーチングを駆使して人材育成したら、
10年後、育成されたフォロワーはどんな姿になっているだろう?
『育てられたように、人を育てる』
そこには10年経っても変わらない、コーチングが生きていると思います。

今年の新卒者は『ドローン型』???
私も研修で取り上げたりもしましたが(育成者の役割を知ってもらう上で)
日本の将来を担う新卒者に対して、人に対して、モノに例えるのは、おかしいでしょ!!
もう、いい加減、『近頃の若者は・・・』とつぶやくのはやめて、自分自身に矢印向けてみるのも良いかもしれません。

リアクションの少ない若者に対して、
『リアクションが少なくて、何を考えているんだか・・・』という声がありますが、
若者は先輩、上司の鏡なんですよ。
先輩、上司のアクションなくして、どうしてリアクションが取れますか???

その我々指導者、管理者が身に付けるべき『アクション』について
銀座コーチングスクールでは学び、できるようにします。

少し、熱くなりましたが(笑)

自分の考えを明文化し言語化するのがあまり得意ではない、豊かな平成の世に生まれてきた大事な人材。
その中に眠る貴重な答えを引き出せるスキルとマインドをこの際、身につけてはいかがでしょうか(*^▽^*)/



ちなみに、私は『昭和な女子』(笑)ですが、
教わったように、心を込めて、丁寧にプログラムを組んで講座に臨んでいます(*^▽^*)



 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
コメントは受け付けていません。  comments